セクキャバは時給制+α(指名やドリンクなどの各種バック)という給料システムです。

昼営業しているセクキャバもこの給料システムを取っていますが、多くの場合は昼と夜で時給を変えています。

あるセクキャバの給与システム例

夜:時給3,500円~5,000円+バック制(全額日払い制)
昼:時給2,500円+バック制(全額日払い制)

どの店でも昼の時給は安いです。体験入店時給5,000円と書いてあっても、昼間は例外としていることが多いですね。

なぜ昼間は給料が安いのでしょうか?

実は、昼と夜でこれだけ時給が違うのは圧倒的に夜の方が客入りが良いからです。

セクキャバのターゲットは2次会客

なぜ夜の方が客入りが良いのでしょう?それにはセクキャバの客層が関係しています。

セクキャバは打ち上げ後のサラリーマンや若い男性グループなど『2次会客』の利用が多いです。

キャバクラよりもエッチなことを楽しめて、ヘルスやソープよりも料金が安く、なにより男性客同士のコミュニケーションにもなります。

こういうタイムのお客さんは昼間に来店しませんから、どうしても客入りに差がついています。

キャッチに付いてくる人も多い

人通りの多い繁華街やセクキャバの店前を歩いていると「おっぱいいかがですかー?」と呼ぶ声がありますよね。(男性客を呼ぶ時は「セクキャバ」ではなく「おっぱぶ」と言います)

ヘルスやソープなどの風俗と違い、セクキャバのお客さんはキャッチに付いていく人が非常に多いです。

現在はキャッチに関して規制が強いですから、昼間からキャッチはできません。これも昼間はお客さんが少ない理由の一つでしょう。

キャッチに付いていくのは圧倒的に『酔っ払い』が多いです。

昼営業のキャバクラで働くメリット

前述したとおり、繁華街でキャッチに付いていくのは酔っ払い客が多いです。

つまり、キャッチ客が少ない昼営業のキャバクラは『酔っ払い客が少ない』というメリットがあります。

来店時に酔っぱらっている方は本指名に繋がりにくいですし、プレイも少しハードになります。

特に飲み会直後で口臭が強い酔っ払い客とのディープキスは結構ハードです^^;

なるべく客層の良い時間帯で・・・と考えるなら昼時間帯のセクキャバは働きやすいのでオススメです。

セクキャバの体験入店ならスカウトサイトからがオススメ

セクキャバの時給は女の子によって大きく違います。同じ店でも2,000円~5,000円と幅があるので、「貴女に働いて欲しい」と声を掛けてくれるお店を選ぶことが大切です。

高い時給を貰う方法として人気なのがスカウトサイトです。サイトに登録すると貴女に働いて欲しいと思っているお店からオファーがかかります。

体験入店時に時給5,000円を提示するお店もありますから、短期間でサクッと稼げるお店を探しているなら試しに登録してみてください。

登録は2分ほどで終わり、すぐにお店からスカウトのメールが届きます。

Qプリ

Qプリ

 

仕事を探すだけでもお金が貰える『Qプリ保証』が人気のスカウトサイトです。

女の子が風俗店に面接に行ったり体験入店すると、面接交通費や入店祝い金がQプリからも支払われます。

もちろん体験入店時のお給料などは風俗店からも払われるので、同じお店に面接に行くならQプリを経由した方がお得です

>>Qプリ保証を詳しくチェックする

ぴゅあじょ

ぴゅあじょ

 

急きょお金が必要になった時に安心の『今日働きたいアピール機能』が人気のぴゅあじょ。

大手風俗サイトのぴゅあらばが運営しており、風俗未経験でも働きやすい大手グループも多く掲載されているスカウトサイトです。未経験でお店選びに迷っている貴女にオススメです。

ニックネームで登録することができますし、希望条件を入力しておけばお店側からスカウトしてくれます。

>>未経験でお店選びに迷っていたみか(21歳・東京)さんの体験談を読む