いちゃキャバ≒セクキャバ≒おっぱぶ≒ランパブ

特に仕事を探している女の子から多く受ける質問は『セクキャバといちゃキャバはどう違うんですか?』です。

数ある風俗の中でも『いちゃキャバ・セクキャバ・おっぱぶ・ランパブ』は似ていて、利用している男性でもわかりにくいです。

この全てに共通しているのは『基本的にお客さんがズボンを脱ぐようなことはない』ということです。

違うのは『どこまで触られるか』『どこまで脱ぐか』という点です。

セクキャバ=おっパブ

セクキャバはセクシーキャバクラの略、おっパブはおっぱいパブの略です。

おっぱいを生で触られるのがセクキャバです。

店によって異なりますが、
・接客中は常にお客さんに胸を触られる
・ハッスルタイムの時だけ触られる
・通常は服の上から、ハッスルタイム(密着タイム)の時だけは生で触られる

多くのセクキャバでは下半身タッチをNGとしていますが

・下半身は下着の上から触られる
・下半身も生で触られる

という店もあります。

お店によっては下のお触りもあります。

基本的にヌキがないのがセクキャバですが、VIPルームで手コキやフェラチオをしている店もあります。

おっパブがセクキャバになった理由

色々と理由が言われていますが、おそらく『おっパブ』という名前が下品だからなのだと思います。

実際におっパブという名前で募集をしても、女の子はなかなか集まりません。

男性客が遊びに来てくれるのはセクキャバよりもおっパブです。ですから、セクキャバと銘打っている店でも、客引きの時は「おっパブいかがですかー?」と声をかけています。

いちゃキャバ

いちゃいちゃ+キャバクラでいちゃキャバです。

基本的には服の上からのお触りですが、生でのお触りもあります。

王様ゲームを売りにしている店もあります。

ランジェリーパブ(ランパブ)について

ランジェリーで接客するキャバクラです。基本的におさわりはありません。

 

店によって異なります

なんといっても『店による』という一言につきます。

セクキャバで募集しているのに指入れまで基本サービスにしているところもあれば、ハッスルタイムの時以外は服の上からのタッチのみという店もあります。

いちゃキャバという名前でも上半身裸になる店はありますし、ランジェリーパブでも下着の中に手を入れてもOKという店もあります。

「なぜそうなるの?」と聞かれても、そういう業界だからとしか言えないのですが・・・。

同じ営業許可を受けています

セクキャバもいちゃキャバもランパブも飲食店営業許可と風俗営業第2号営業の許可で営業しています。

それぞれが法律で明確に分けられているのではなく、お店の経営者次第で決まるということです。店の経営者が「うちはセクキャバです」といえばセクキャバですし、「うちはいちゃキャバです」といえばセクキャバなのです。

セクキャバの体験入店ならスカウトサイトからがオススメ

セクキャバの時給は女の子によって大きく違います。同じ店でも2,000円~5,000円と幅があるので、「貴女に働いて欲しい」と声を掛けてくれるお店を選ぶことが大切です。

高い時給を貰う方法として人気なのがスカウトサイトです。サイトに登録すると貴女に働いて欲しいと思っているお店からオファーがかかります。

体験入店時に時給5,000円を提示するお店もありますから、短期間でサクッと稼げるお店を探しているなら試しに登録してみてください。

登録は2分ほどで終わり、すぐにお店からスカウトのメールが届きます。

Qプリ

Qプリ

 

仕事を探すだけでもお金が貰える『Qプリ保証』が人気のスカウトサイトです。

女の子が風俗店に面接に行ったり体験入店すると、面接交通費や入店祝い金がQプリからも支払われます。

もちろん体験入店時のお給料などは風俗店からも払われるので、同じお店に面接に行くならQプリを経由した方がお得です

>>Qプリ保証を詳しくチェックする

ぴゅあじょ

ぴゅあじょ

 

急きょお金が必要になった時に安心の『今日働きたいアピール機能』が人気のぴゅあじょ。

大手風俗サイトのぴゅあらばが運営しており、風俗未経験でも働きやすい大手グループも多く掲載されているスカウトサイトです。未経験でお店選びに迷っている貴女にオススメです。

ニックネームで登録することができますし、希望条件を入力しておけばお店側からスカウトしてくれます。

>>未経験でお店選びに迷っていたみか(21歳・東京)さんの体験談を読む