セクキャバの基本プレイ

セクキャバでは一般的なキャバクラと同じようにお客さんの横に座ってお喋りしながら+αでエッチなサービスを行います。

必須サービスは以下の3つです。

ディープキス
お触り
お客さんからの胸舐め

これだけです。セクキャバはヌキがありませんので、最初から最後まで同じプレイが続きます。

接客の流れについて

接客の流れは女の子によって様々ですが

1.お客さんの横に座る
2.お客さんとキスしたり胸を揉まれながらお喋りする
3.時間がきたらサヨナラ

となります。

接客時間中はずっと受け身の姿勢で働いてよいという店もありますし、女の子からお客さんの膝の上に乗るのが必須の店もあります。

お客さんとお喋りしていれば勝手に触られるので対応すれば良いです。

お客さんが触る箇所

お客さんが触って良い場所は店によって異なりますが概ね以下の通りです。

・女の子の上半身(絶対にOK)
・太ももとお尻(だいたいOK)
・パンツの上から(だいたいNG)
・パンツの中まで(ほぼNG、和風キャバでは指入れもOK)

お座敷で接客する和風キャバはサービス内容がハードになります。

VIPルームでのプレイ内容について

セクキャバでは基本的にヌキがありません。しかし、例外的にVIPルームではヌキがある店も存在します。

セクキャバにある『VIPルーム』のサービス内容やバックについて

ダウンタイム(ハッスルタイム・ショータイム)について

ダウンタイムとはお客さんがキスしたりおっぱいを触れる時間のことです。

ほとんどのセクキャバは接客中ずっとお触り可能というシステムですが、ダウンタイムのある店では、お客さんがエッチなことを出来る時間が限られています

1セットのうち5分~10分間だけダウンタイムがあります。定期的にダウンタイムがやってくるので、その時間だけドレスを脱いでお客さんの膝の上に跨ります。

ダウンタイムが10分程度ある店と比べて、接客中ずっとタッチ可のお店は『オールダウン』ということもあります。

ダウンタイム・ハッスルタイム・ショータイムは全て同じ意味です。

すすきののキャバクラについて

すすきのではキャバクラ=セクキャバ(おっぱぶ)です。

その中でもソフトキャバクラとハードキャバクラの二種類があります。

・ソフトキャバクラ
上半身へのお触りがOK、下半身へのお触りはNG。

・ハードキャバクラ
下半身へのお触りもOKで指入れも可能。

セクキャバの体験入店ならスカウトサイトからがオススメ

セクキャバの時給は女の子によって大きく違います。同じ店でも2,000円~5,000円と幅があるので、「貴女に働いて欲しい」と声を掛けてくれるお店を選ぶことが大切です。

高い時給を貰う方法として人気なのがスカウトサイトです。サイトに登録すると貴女に働いて欲しいと思っているお店からオファーがかかります。

体験入店時に時給5,000円を提示するお店もありますから、短期間でサクッと稼げるお店を探しているなら試しに登録してみてください。

登録は2分ほどで終わり、すぐにお店からスカウトのメールが届きます。

Qプリ

Qプリ

 

仕事を探すだけでもお金が貰える『Qプリ保証』が人気のあるスカウトサイトです。

Qプリ保証とは女の子が風俗店に面接に行ったり体験入店した時に、Qプリが女の子に直接お金を払うというシステムです。

もちろん体験入店時のお給料などは風俗店からも払われるので、同じお店に面接に行くならQプリを経由した方がお得です

>>Qプリ保証を詳しくチェックする

ぴゅあじょ

 

急きょお金が必要になった時に安心の『今日働きたいアピール機能』が人気のぴゅあじょ。

大手風俗サイトのぴゅあらばが運営しており、風俗未経験でも働きやすい大手グループも多く掲載されているスカウトサイトです。未経験でお店選びに迷っている貴女にオススメです。

ニックネームで登録することができますし、希望条件を入力しておけばお店側からスカウトしてくれます。

>>未経験でお店選びに迷っていたみか(21歳・東京)さんの体験談を読む